遺品整理の仕方とその手順を徹底解説!知っておきたい基礎知識

遺品整理の依頼

ご家族や親族など身内の方が無くなった時には「遺品整理」が必要になりますが、どのタイミングや条件で業者へ依頼した方がいいのか分からないこともあるでしょう。そんな方のために、遺品整理を依頼した方がいいケースをご紹介します。以下の通りのようなケースに該当するなら依頼した方がいいと言えます。

遺品整理を業者に依頼した方がいいケース

賃貸住宅の退去期限が近い

故人が賃貸住宅にお一人で住んでいる場合には、賃貸契約の解除が行われます。それに伴い、退去日に期限が設けられ、その期限までに故人の荷物を整理する必要があります。この場合、スピーディーに作業を進めるためにも遺品整理を福岡の業者へ依頼した方がいいでしょう。

故人が遠方に住んでいる

遺族自身も家庭や仕事を持っているため、故人の住宅に何度も足を運ぶことができません。そのため、故人が遠方にお住まいの場合には、迷わず遺品整理は業者を利用することをオススメします。遺品整理サービスならご自身が出向く必要がなく、業者によって徹底的に掃除が行われます。

手続きや片付け方がわからない

遺品整理というものは、人生においてそう何度も経験するものではありません。そのため、初めてという方も多いでしょう。1から遺品整理やそれに伴う手続きを行なうにはコツを調べたり、ゴミ処分の手配などを行わなければなりません。あまりに手続きや片付けが面倒なら業者を呼ぶのも一つの手段です。

ショックで現実を受け入れられない

突然、身内の方が亡くなれば、なかなか現実を受け止めることができず、気力を失ってしまうこともあります。そういった時に故人の遺品を見てしまうと感傷的になり、作業が捗らないばかりか悲しい気持ちで溢れてしまいます。悲しい気持ちが残っている場合には、大人しく業者に依頼しましょう。

遺品整理の仕方とその手順を徹底解説!知っておきたい基礎知識

女性

まずは作業スケジュールを決める

遺品整理を円滑に進めていく上で作業スケジュールを立てることは非常に大切です。特に、故人が暮らしていた建物に退去の期限が決められていたら、なおさらです。明け渡しの日程から逆算して、遺品の分類や処理方法の業者の手配は早めに済ませておきましょう。また、遺品整理に伴い、法的な手続きがある場合には早めに行っておくべきです。

整理はシビアに分別する

遺品整理にて必要なものや不要なものの分別は難しいと言われています。そのため、分別しているのに、不要なものが沢山になってしまうというケースも少なからずあります。遺品整理では年金手帳、公共料金領収書、相続に関わるものなどは優先的に対応する方がいいですが、その他のものはそれほど重要ではありません。形見として残したいものは最小限に抑えて、不要なものはシビアに分別するようにしましょう。

不用品回収は買取業者へ

シビアに分別された不用品の中には、衣類や食器・調理器具、あるいは粗大ゴミなど、沢山あるはずです。それらの不用品の回収は買取業者へ依頼するようにしましょう。買取業者なら、不用品でも0円以上で買い取りしてくれるので、余計な費用が発生しないで済みます。また、大型家具や電気製品であれば、状態によっては数万円での買取も可能なので、オトクと言えるでしょう。

資産価値のあるものは弁護士に相談

遺品の中には資産価値があるものも当然あり、遺産分割にはご家族や親族など血縁関係にあたる方との協議が必要になります。遺産相続などは意外とトラブルになることも多いので、早めに弁護士に相談しておくようにしましょう。弁護士に相談しておけば、遺品整理を進めながら、今後の流れで有利な状況を作りやすくなります。また、遺品整理の際に、遺書がある場合にはあらかじめ弁護士の方に渡しておきましょう。

遺品整理は早めに!

遺品整理に関わる手続きのいくつかにはタイムリミットが存在しています。遺品整理から遺産相続までスムーズかつスピーディーに終わらせるためには、代行業者や弁護士の力を借りることをオススメします。

広告募集中